伊能忠敬の墓

 測量、地図作成

 墓所:東京都台東区東上野6-18 源空寺  伊能忠敬の墓は高橋至時、高橋景康保の墓のそばにある。


 伊能忠敬はもと町人。隠居後、高橋至時のもとで、暦学や測量術を学ぶ。1800年(寛政12年)伊能忠敬56歳の時に奥州から蝦夷地を測量した。測量の目的の一つに、地球の大きさを測ることがあった。測量は、函館から北海道南岸沿いに、釧路・厚岸を通り別海町本別海西別川河口付近に達した。
 蝦夷地測量後も、全国各地を測量して、地図を作製した。

伊能忠敬の墓
東河伊能先生之墓
台東区教育委員会の解説板

最終更新 2019.5


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話