江戸時代の尖閣諸島関連地図



国絵図

 江戸時代に作成された、元禄国絵図・天保国絵図などには琉球国が入っている。尖閣諸島はこれらの地図に含まれておらず、尖閣が琉球外であることは明白である。

元禄国絵図の琉球国図
元禄国絵図は、1696年(元禄9年)に作成が命じられ、1702年までにほぼ全国の地図が完成したといわれている。
奄美 沖縄
この地図には久米島まで描かれている
八重山

 (国立公文書館デジタルアーカイブスに詳細画像が公開されている)

和漢三才図絵

 和漢三才図絵は1702年に成立した日本最初の百科事典。この中に含まれる「琉球国の図」には、琉球の西側に、台湾(小琉球)から北の久米島(古米島)に至るいくつかの島嶼が描かれている。この中の「釣魚嶼」が尖閣諸島の魚釣島である。釣魚嶼の西側に描かれた「彭家山」は、台湾北部の彭佳嶼。

琉球国の図 台湾から久米島付近までの拡大



林子平『三国通覧図説』

 日本で最初に尖閣の存在を知らしめたのは、林子平『三国通覧図説』(1785年)であり、この地図では、尖閣諸島に属する島々に中国名「釣魚台」「黄尾嶼」等と記され、中国領土と同じ赤色で彩色されている。

林子平 三国通覧図説 付図(部分)

右中央の薄黄色が沖縄。
左下の濃い黄色が台湾。
左側の赤色が大陸。
大陸と沖縄の間に航路が記載され、
途中に尖閣諸島の島々の島名がある。

尖閣諸島は、赤で着色。


(井上清/著「尖閣列島」 より)


最終更新 2017.10


  尖閣問題のページへ   尖閣問題概要のページへ    北方領土問題のページへ   竹島問題のページへ