1877年、日本政府は竹島を日本の領土外としたか?
1900年、韓国政府は竹島を韓国の領土としたか?


 「一里」は何メートルだろうか。この問いに対して、「一里=約4000m(日本)」「一里=約500m(中国)」「一里=約400m(朝鮮)」とする見解がある。この見解は誤りではないが、事実はそう単純ではない。日本では、明治2年に一里=36町と統一され、この時以降は一里=約4qとなったが、それ以前には様々な「里」が使われていた。律令時代は「一里=5町」あるいは「一里=6町」だったので、一里はおよそ500m〜700mだった。鎌倉の七里ガ浜や千葉の九十九里浜などは、この一里で計算すると、おおよそ実際の距離になる。織田信長のころから一里=36町(約4q)が使われるようになり、徐々に広まっていった。しかし、一里は一定時間に歩く距離と定められることがあり、山間部の一里は短く、平坦な道では一里が長くなる傾向があった。
 このように、一里の長さは時代・地域・地形・陸上か海上かなどで異なっていたので、固定的に「一里=何メートル」とすることはできない。
 竹島問題を考える上で、中世において竹島への距離をどのように把握していたのかを知ることは重要だ。以下に示す通り、この地域の海上交通では「一里=約2km」のことが多いようだ。



@韓国は鬱陵島の東南東42里の島を韓国領土と定めた(石島は鬱陵島東南東42里の島である)

 1900年、韓国併合前の大韓帝国政府は勅令第41号で鬱陵島の"Taeha-dong(台霞洞)"に郡庁を置き「鬱陵全島と竹島と石島」を管轄区域と定めた。ここで言う「竹島」とは、鬱稜島近傍にある"Jukdo"のことである。「石島」とは、現在の竹島であるのか、そうでないのか判然としない。日本は、1905年に竹島を日本の領土と定めたが、もし、勅令第41号の「石島」が、現在の竹島であるならば、1905年の日本の処置は、領土の略奪になり、日本の竹島領有主張は根底から覆る可能性がある。

 2008年2月22日の山陰中央新報WebNewsによると、大韓帝国時代の「皇城新聞」の1906年7月13日付の記事として、「郡所管の島は鬱陵島と竹島と石島。東西六十里、南北四十里」としている、とのことである。
 山陰中央新報は『韓国の1里は0.4キロで、東西24キロ、南北16キロ。現在の竹島は鬱陵島の南東92キロで、数字が郡の範囲を示すものとすれば、韓国側の主張は崩れる』としている。 
 当時の新聞記事がどうだろうが、新聞記事は大韓帝国の見解ではないので、韓国側の主張を証明する効力も無く、また、主張を崩す効力も無いので、山陰中央新報の主張は、我田引水的説明といえよう。
 竹島領有問題はともかく、紹介されている「皇城新聞」の記述には興味が持てる点がある。
 
鬱陵島は、東西、南北ともにほぼ10kmの島なので、朝鮮里で言えば、直径25里の島ということになる。
 鬱稜島と石島の範囲が、東西60里、南北40里であるとすると、石島は鬱稜島の東南東(あるいは東北東)42里にあることになる(図、参照)。
 山陰中央新報は、ここで言う『里』とは朝鮮里のことで1里=0.4kmであるとしている。中世において「里」は陸と海や地域・時代によってさまざまに使用されたので、 1里=0.4kmと固定的に考える山陰中央新報の説は誤りである。山陰中央新報の誤説にしたがうと、石島は鬱稜島から17km離れていることになり、そのような場所に島は無いので、石島は存在しない島になる。
 しかし、陸上と海上では一里の距離が違うと考えれば、鬱陵島と竹島の範囲は、ほぼ60里×40里の範囲になる。
注) 「皇城新聞」では「里」の文字が使われている。しかし「哩(マイル)」の偏が省略されているとも考えられる。もし、 哩ならば、鬱陵島と竹島の範囲は、おおよそ東西六十哩(マイル)、南北四十哩なのだから、1900年の大韓帝国政府は勅令第41号の石島とは日本名・竹島のことに間違いない。 
 もう少し詳しく見ると、竹島と鬱陵島の一番遠いところの距離は100.4q、すなわち62.4哩である。東西南北が60哩×40哩の長方形の対角線の長さは72.1哩なので13%の誤差がある。しかし、管轄範囲には3カイリの領海が含まれているとすると、距離は111.2q、すなわち69.1哩となる。東西南北が60哩×40哩の長方形の対角線の長さとの誤差はわずかに4%と、ほぼ完全に一致する。ここまで正確に一致するのは単なる偶然だろうか。



A日本政府は鬱陵島の南東40里の島を領土外と定めた

 1877年3月、日本政府は太政官の指令により「竹島外一島を版図外」と定めた。 竹島外一島は、鬱稜島ともう一つの島であることは明らかであるが、これが、現在の竹島なのか否かという点で議論がある。 もし、現・竹島であるならば、「竹島は日本の固有の領土」との日本の主張は根底から崩れる。 このときの、内閣公文録によると、外一島は「松島」であり、それは、竹島(現・鬱稜島のことであって、現・竹島ではない)の南東40里にある島とされる。 ここで言う「里」とは、普通に考えたら、日本里であるので、1里=3.9kmであり、40里は156kmになる。 しかし、現・竹島は鬱稜島の東南東92kmであって、鬱稜島の南東156kmに島は存在しないので、太政官指令の「竹島外一島」とは、どの島であるのか不明との主張がある。 (位置だけを見ると、不明との主張も成り立つかもしれないけれど、島の大きさや島の地図が添付されており、それを見ると、日本が領土外と定めた島は、島根県の報告では、鬱陵島と現・竹島であることは明白です。)


B17世紀末に来航した「安龍福」は竹島と鬱陵島の距離は50里と言った

 1696年、朝鮮人・安龍福は隠岐の島を経由して鳥取に来航した。安龍福を取り調べた時のようすが「元禄九丙子年朝鮮舟着岸一巻之覚書」に残されている。これによると、安龍福は鬱陵島と現・竹島の距離は50里であると証言している。安龍福証言の1里は何キロメートルに相当するのか不明なので、現代の距離に正しく換算することは困難である。
 安龍福は鬱陵島を出港し、その日のうちに現・竹島に着いたと証言している。鬱陵島と竹島の距離は90qあり、順風時の帆船速度は3〜5ノット程度なので、順風ならば10時間から17時間で到達する。順風を見計らって出港したのならば、その日のうちに着いたとの証言は妥当だ。
「元禄九丙子年朝鮮舟着岸一巻之覚書」

 安龍福申候ハ竹嶋ヲ竹ノ嶋と申朝鮮国江原道東莱府ノ内ニ欝陵嶋と申嶋御座候是ヲ竹ノ嶋と申由申候 則八道ノ図ニ記之所持仕候
 松嶋ハ右同道之内子山(ソウサン)と申嶋御座候是ヲ松嶋と申由是も八道之図ニ記申候
 当子三月十八日朝鮮国朝飯後ニ出船同日竹嶋ヘ着夕 夕飯給申候由申候
     (途中省略)
 五月十五日竹嶋出船同日松嶋江着同十六日松嶋ヲ出十八日之朝隠岐嶋之内、西村之礒ヘ着 同廿日ニ大久村江入津仕候由申候
    (途中省略)
竹嶋と朝鮮之間三十里 竹嶋と松嶋之間五十里在之由申候
『出典:島根県総務部  http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/takesima/chukanhoukoku/index.data/oboe-kaidoku.pdf(2017.12閲覧)』

(口語訳)
・安龍福が言うには竹島を竹の島と言い、朝鮮国・江原道東莱府の内に欝陵島という島があって、これを竹の島と言うそうです。(朝鮮の)「八道ノ図」に記載されています。
・松島は江原道の中に「子山(ソウサン)」という島があって、これを松島と言い、これも「八道ノ図」に記載されていると言っています。
・この年、三月十八日に朝鮮国を朝飯後に出船し、同日夕竹島に到着し、夕飯を食べたと言っています。
・五月十五日に竹島を出船し、同日松島へ着き、十六日には松島を出て、十八日の朝に隠岐嶋之内、西村の磯に着き、二〇日に大久村へ入津したと言っています。
・竹島と朝鮮の距離は30里、竹島と松島の距離は50里であると言っています。
(注)安龍福証言を書き留めたとされる「元禄九丙子年朝鮮舟着岸一巻之覚書」では、鬱陵島と竹島の距離は50里と当時考えられた里程と整合しているが、朝鮮と鬱陵島の距離は30里となっている。朝鮮-鬱陵島の距離は鬱陵島-竹島の距離の1.5倍なので75里としないと現実に合わない。安龍福が誤証言をしたのか、日本人が聞き取り間違いをしたのか、日本人が書き写すときに誤記載したのか、分からない。しかし、安龍福は鬱陵島で日本人に捕らえられて鳥取に連れてこられたことがあり、鬱陵島に渡っていたことは間違いないので、朝鮮-鬱陵島の距離を大きく間違えていたとは考えられない。朝鮮の領土であることを強調するために、朝鮮に近いように誇張した可能性もある。

C実際には、竹島は鬱陵島の東南東48里にある

 現・竹島は鬱陵島の東南東48里(海里)にある。



D隠州視聴合記(1667年)では一里≒2q

隠州視聴合記(1667年)に以下の記述がある。

隠州在北海中故云隠岐島、従是、南至雲州美穂関三十五里、辰巳至泊州赤碕浦四十里、未申至石州温泉津五十八里、自子至卯、無可往地、戍亥間行二日一夜有松島、又一日程有竹島、俗言磯竹島多竹魚海鹿、此二島無人之地、見高麗如自雲州望隠州、然則日本之乾地、以此州為限矣
(概要)隠岐から美保関まで35里、赤崎浦まで40里、温泉津まで58里。松島(現・竹島)まで二日一夜、さらに一日で竹島(現・鬱陵島)がある。
 実際には隠岐島の西ノ島町役場から美保関(島根県松江市)までは65.5q、赤崎(鳥取県琴浦町)まで87.2q、温泉津(島根県大田市)までは124.8qである。隠岐島から竹島までは158q、竹島から鬱陵島は88qである。
 このため、隠州視聴合記では、一里≒2qとなる。竹島と鬱陵島間の距離は書かれていないが、一里≒2qならば、45里に相当する。




E長久保赤水(長玄珠)『新刻日本輿地路程全図』(1791)では一里≒1.8q

この日本全図には海路の里程が書かれている。
 隠岐・島後−美保関 37里(実際は67q) ・・・1里≒1.8qに相当  
新刻日本輿地路程全図に竹島と鬱陵島間の距離は書かれていないが、島後−美保関と同様に一里≒1.8qならば、50里に相当する。

(参考) 大隅−屋久島 20里(実際は66q)  ・・・1里≒3.3qに相当
     大隅−種子島 16里(実際は41q)  ・・・1里≒2.5qに相当


以上まとめると次のようになる。

 @1900年、韓国政府は鬱陵島の東南東(あるいは東北東)42里(朝鮮里?)の島を韓国の領土と定めた
 A1877年、日本政府は鬱陵島の南東40里(日本里?)の島を日本の領土ではないと宣言した
 B17世紀末に来航した「安龍福」は竹島と鬱陵島の距離は50里と言った
 C竹島は鬱陵島の東南東48里(海里)にある
 D隠州視聴合記(1667年)では一里≒2qとなる。一里≒2qならば、竹島と鬱陵島間の距離は45里に相当する。
 E新刻日本輿地路程全図(1791)の島後−美保関は一里≒1.8qとなっている。一里≒1.8qならば、竹島と鬱陵島間の距離は50里に相当する。
 

 1877年に日本が領土で無いとした島、1900年に韓国が領土とした島、実際の現・竹島は、すべて、鬱稜島の東南東ないし南東方向40〜50里と一致している。また、17世紀に来航した朝鮮人の証言も、竹島と鬱陵島の距離を50里としている。里程は一致するが、1里が何キロメートルなのかは、時代・地域・陸と海などの状況によって変化するので、50里が何キロメートルに相当するのか分からない。日本では、明治2年に1里=36町と統一されるまでは、様々な「里」が使われていた。「里」は距離の単位でなく、徒歩の旅にかかる労力を表す数字として使われたためである。(注) 近年、日本では1里≒4km、中国では1里≒0.5km、朝鮮では1里≒0.4kmと、10倍程度の違いが生じている。  
  (注)参考文献:石川英輔/著『ニッポンのサイズ』(淡交社 2003年)p105-107



(参考)林子平『三国通覧図説』(1785)では一里は1.3km〜2.5km程度

 この本の付図は日本で最初に尖閣諸島を記載したものとして有名。本には朝鮮・琉球・蝦夷について書かれている。この中で朝鮮の章に九州唐津から朝鮮釜山への里程が書かれている。
  唐津―壱岐;13里(唐津・壱岐のどこか不明であるが30q程度)
  壱岐―対馬;48里(壱岐・対馬のどこか不明であるが60km程度)
  対馬豊浦―釜山港;48里と言われるが40里に満たない(実際は50q)
 これらの里程からすると、一里は1.3km〜2.5km程度となる。


石島とは独島である

 1900年、韓国併合前の大韓帝国政府は勅令第41号で鬱陵島の"Taeha-dong"に郡庁を置き「鬱陵全島と竹島と石島」を管轄区域と定めた。ここで言う「竹島」とは、鬱稜島近傍にある"Jukdo"のことである。「石島」とは、現在の竹島であると思われるが、日本では石島は竹島でないとする主張が多い。
 2008年2月22日の山陰中央新報WebNewsによると、大韓帝国時代の「皇城新聞」の1906年7月13日付の記事として、「郡所管の島は鬱陵島と竹島と石島。東西六十里、南北四十里」としている。

 1906年3月27日、島根県官僚神西由太郎ら45人は風波を避けて鬱陵島に避難し、翌日28日に郡守を表敬訪問した。このとき、竹島を日本の領土に編入したことを伝えた。翌日、郡守が江原道庁に報告し善処を求めると、翌月、江原道庁は参政大臣に報告をあげた。江原道庁の報告書には、『鬱島郡守沈興沢報告書・・・本郡所属 独島 在於外洋百余里』『日本官吏・・・自言、独島今為日本領地(独島は日本の領地になったと、日本の官吏は言った)』と書かれている。

 鬱陵島・石島を含む範囲が「東西六十里、南北四十里」なので、石島は鬱陵島の外洋百余里としている(注1)。60+40=100と言うことだ(注2)。鬱郡所属の島は、「鬱陵島・竹島・石島」なので、「本郡所属 独島 在於外洋百余里」が勅令第41号の石島のことであることは明らかだ。 
 もっとも、足し算をするまでもなく、鬱郡守が「本郡所属 独島」としているのだから、このとき独島が鬱郡に所属していたことは明らかで、鬱郡所属の島は勅令第41号で「鬱陵島・竹島・石島」と定められているのだから「独島=石島」以外にはありえない。

(注1)独島について鬱島郡守は『在於外洋百余里』と書いているので、どこから外洋百余里なのか判然としない。朝鮮半島から百里との解釈と、郡守の居る鬱陵島から百里との解釈がある。しかし、鬱陵島が朝鮮半島から100哩(350朝鮮里)なので、朝鮮半島から百里とする解釈には無理がある。

(注2)東西60里、南北40里ならば、直線距離で72里ではないかとの考えもあるだろう。ユーグリット距離だとそうなるが、数学的には、東西距離と南北距離を単純に加えたものを距離としても良い。

(参考)数学での「距離」の定義
集合Ωに対して、Ω×Ω→[0,∞)の関数dが以下の3つの条件(公理)を満たすとき、dを距離と言う。(以下、a,b,c∈Ωとする)
@d(a,b)=0 <=> a=b
Ad(a,b)=d(b,a)
Bd(a,b)≦d(a,c)+d(c,a)

 1895年10月、日本公使三浦梧楼が朝鮮王后・閔妃を暗殺(閔妃事件/乙未事変) すると、朝鮮王・高宗は、1896年2月 〜1897年2月までロシア公使館に保護を求めて逃げ込んだ(露館播遷/俄館播遷)。この間、朝鮮内政の中心はロシア公使館で行われている。高宗がロシア公使館に移る以前にも、ロシアやイギリス公使館職員などが頻繁に高宗に面会して守っていた。



 当時、ヨーロッパ諸国で、鬱陵島・竹島がどのように知られていたのかを示す地図として、1894-95年にイギリス・ロンドンで出版されたJohnsonの日本地図の一部を掲載する(地図をクリックすると拡大します)。
 朝鮮半島沖合100哩に鬱陵島がMatsu-shimaの名前で記載され、およそ東60哩、南40哩の地点に、Liancourt Isの名前で竹島が記載されている。


 ロシア公使館で執務が行われていた朝鮮政府が、このようなヨーロッパ地図を知っていたと考えるのは自然なことだ。

 実際の鬱陵島と竹島の範囲は、東西60哩、南北20哩程度であるので、東西と南北の比率は3:1である。1800年代後半に出版されたMigeon(パリ)の中韓国図やStieler(ドイツ)の日中韓国図には正しく3:1の比率の位置に描かれている。しかし、Johnsonの日本図では3:2の位置になっているので、大韓帝国政府勅令第41号は、このような地図を参照したのだろう。


 「石島」「独島」と漢字が違うののはなぜだろう。

 日本にも瀬戸内海に「石島」があるが、「井島」とも書き、どちらの表記も正解だ。宮城県塩竈市は複雑だ。「塩竈」「塩釜」どちらでもよいとされているが、市の名前は「塩竈」、郵便局・警察署・駅名などは「塩釜」が使われることが多い。群馬県南西部の荒船山最高峰は「経塚山」「京塚山」「行塚山」と書く。京都の伏見は現在では「伏見」と書くけれど、明治時代は「伏見」「伏水」の両方があった。「函館」は幕末には「箱館」と表記されることが多かった。明治2年9月30日に蝦夷地が北海道に改称されるのに伴って「函館」に改称されたとする俗説があるが、実際には明治9年ごろまで両者は混用されている。このように、日本では地名の漢字が統一されていないことは珍しくない。

 

 

最終更新 2018.1


北方領土問題  竹島(独島)問題の概要 鬱陵島から竹島は見えるか(計算で推定)