北方領土問題参考書


東郷和彦/著『北方領土交渉秘録 失われた五度の機会』  東郷和彦 2007年5月25日 新潮社




  東郷和彦氏は、元外務省条約局長・欧亜局長であるが、ムネオ・真紀子対立のときにムネオ側の官僚のため失脚した。
 本は、北方領土交渉の著述。ゴルバチョフ時代から2005年までの北方領土交渉を詳述している。この時代、ソ連崩壊・新生ロシア誕生と、ロシア内政はめまぐるしく変化した。本書は、政策立案者で直接交渉に当たった者の著述であるため、北方領土返還交渉を知る上で、第一級の資料である。ただし、外務省を辞めさせられたものの著書であるため、その点、割り引いて読む必要があるかもしれない。今後、さまざまな研究が現れるかもしれないが、この本はその基礎となるものだろう。


北方領土関連書籍のページへ  北方領土問題のページへ    竹島問題のページへ   尖閣問題のページへ