北方領土問題参考書



『樺太朝鮮人の悲劇 サハリン朝鮮人の現在』 崔吉城/著 第一書房(2007.5)



 内容は、サハリンの歴史、朝鮮人強制連行、戦争末期の朝鮮人虐殺事件、戦後のサハリン朝鮮人の実態、が書かれています。研究成果をまとめた本なので、冷静・公正に書かれており、好感が持てます。ただし、ちょっと無味乾燥な感じがして、面白さに欠けると思う人も有るかもしれません。
 樺太には、朝鮮人が強制連行され強制労働に使役されました。実際には、多くの場合、任意で樺太に渡っています。本の中では、このような実態について、きちんと説明されています。また、強制連行の言葉が使われるようになった、いきさつについても触れられています。
 戦争末期の朝鮮人虐殺事件は、樺太真岡にソ連軍が進攻したとき、隣村の清水村瑞穂で、朝鮮人27人が日本人に虐殺された事件について詳述されています。さらに、朝鮮人虐殺事件が起こった背景を考察しています。なお、この事件は、作家の林えいだい氏の著書で有名になったものです。


北方領土関連書籍のページへ  北方領土問題のページへ    竹島問題のページへ  尖閣問題のページへ