北方領土問題参考書

『残置諜報員の記録―ソ連治下、エトロフ島に於ける三年三ヵ月 (前編)』  高田弥彦/著 講談社出版サービスセンター(1990.1 )

『エトロフ島の俄教師の手記 ソ連軍進駐下の三年三ヶ月』  高田弥彦/著 文芸社(2003.1.15)

『エトロフの教室』 高田彌彦/著 文芸社 (2010/12/11)

 これら、3冊の本はほぼ同じ内容


著者は、敗戦当時、エトロフ島で残置諜報員として現地除隊となり、ソ連進駐後は豊浜で現地小学校の教師を務める。翌年2月には天寧に移り、校長としてソ連軍政当局との折衝に当たった。11月にソ連が民政に移管し、紗那が行政府になると、入里節に写って小学校教師を務めた。

本の内容は、豊浜・天寧時期の手記。書かれている内容のすべてが事実ということはないが、ソ連軍政下のエトロフ島残留日本人(民間人)の生活の様子が良く分る。豊浜での話は、ソ連進駐当初の住民の様子の記述が興味深い。天寧では、日本人とロシア人との交流の様子も詳しく記されている。

『残置諜報員の記録』には、入里節時代の記述は無い。『エトロフ島の俄教師の手記』には、数ページ入里節時代の概要が書かれている。


北方領土関連書籍のページへ  北方領土問題のページへ    竹島問題のページへ   尖閣問題のページへ