北方領土問題参考書



片山道夫/著『追跡!あるサハリン残留朝鮮人の生涯』凱風社 2010.8


 
 ジャーナリスト、片山道夫のノンフィクション。
 朝鮮半島が日本の領土だった時代に、樺太の炭鉱で働き、その後九州の炭鉱で働き、終戦後は、再び樺太に密入国し、そこで生涯を終えた朝鮮人とその家族を追ったもの。
 この中に、作者がサハリンの新聞社で見た、終戦のときに、樺太の朝鮮人が日本人に虐殺された事件を捜査したKGBの資料について、数ページにわたって書かれている。
 
 この事件は、『カポネンコ/著 瑞穂の悲劇』として、ロシア語の本が出版されている。カポネンコの本は『樺太朝鮮人の悲劇』の著者である崔吉城氏周辺で、翻訳が進められているはずだが、どうなっているのだろう。


北方領土関連書籍のページへ  北方領土問題のページへ    竹島問題のページへ   尖閣問題のページへ