北方領土問題参考書



いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」  水間 政憲/著  PHP研究所 (2010/12/1)


 PHPもおかしな本を出版するようになったものだ。
 著者が特定の思想・立場で執筆するのは当然ではあるが、前提となる知識が薄弱では、単なる思い込みの駄弁になってしまう。
 そういう意味で、この本を見ると、日本の領土問題について解説したものでも、領土問題に対する政策提言をするものでもなく、一部の無知なネット右翼に呼びかけて、特定の思想傾向を導きだそうとするものだろうか。
 それにしても、もう少し、日本の領土問題をきちんと調べてから執筆してほしかった。

 ところで、2011年5月に、日本の領土問題を扱ったまともな本が出版されています。

 日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905) 孫崎享 (著)

 水間氏の本とは対称的に、孫崎氏の本は、豊富な知識と外交経験により書かれています。


北方領土関連書籍のページへ  北方領土問題のページへ    竹島問題のページへ   尖閣問題のページへ