北方領土問題参考書



厳寒の地、北千島の郵便局物語



 日本の敗戦まで、千島列島は大日本帝国領だった。千島の北の島、占守島・幌筵島には、帝国陸軍が駐屯しており、従軍慰安所も開設されていた。占守島片岡・擂鉢や幌筵島柏原には、函館郵便局の分室も開設された。これらの郵便局は、後に、軍事郵便局になる。
 本書は、幌筵島の郵便局員を勤めた坂本木八郎による、北千島郵便局の記録。本書は、もともと、私家版として出版されたが、2011年7月に文芸社より、出版された。写真は、私家版。
 こんなマイナーな内容の本を読む人など、ほとんどいないだろうと思っていたが、一般に発売されるところを見ると、関心がある人も、ある程度いるのだろうか。郵便史・軍事郵便・北方史などに興味がある人には、一読の価値はあるだろう。


北方領土関連書籍のページへ  北方領土問題のページへ    竹島問題のページへ   尖閣問題のページへ