北方部隊の朝鮮人兵士

      
 北原道子/著『北方部隊の朝鮮人兵士 日本陸軍に動員された植民地の若者たち』 現代企画室 (2014/3)
   
 樺太・千島など北方に動員された朝鮮人兵士の状況を明らかにしている。本書では、最初の章で朝鮮人が日本軍兵士となったいきさつ(布告など)を示し、以下の章で、樺太・千島等の朝鮮人兵士の日本軍での状況を明らかにしている。また、本書後半では、北方部隊の日本軍兵士となった朝鮮人の回想。
   
 このような研究はあまり見たことがないので、未解明分野の研究として重要なのはわかるのだけれど、正直言ってあまり興味が持てなかった。一般民衆レベルでは、朝鮮人は植民地人として差別を受けたが、軍隊にあっては階級によって同じ仕事をするので、それより仕事ができるかどうかが重要になり、出身がどこかで差別を受けることは多くはない。朝鮮人だからと言って、差別を受けたことが全くないとは言わないが、一般民衆レベルよりも差別はずっと少なかったようだ。でも、そうすると「普通ですね」「特に違いはないですね」で終わってしまい、素人的には面白味に欠ける。
   
 ただし、これだけの研究をして出版したことには敬意を表したい。