画像をクリックすると拡大します

岩村通俊(いわむらみちとし)の墓

 土佐藩士。すすきの遊郭建設。初代北海道庁長官。

 墓所:東京都台東区谷中7丁目 谷中霊園乙12号9側
 


 明治4年、開拓使判官として札幌に着任すると、既に建てられていた家々に火を放って、札幌を焼け野原にした後、計画的に整備された町を建設した。また、札幌に遊郭「すすきの」を建設した。
 明治6年に、佐賀県令に転任して北海道を離れるが、明治19年に北海道庁が設置されると初代長官に任命された。明治21年、元老院議官に就任し北海道庁長官を退任した。

岩村通俊5男の岩村通世はA級戦犯容疑者となりその後不起訴となった。

岩村通俊一族の墓所は広い 鳥居の後ろに立つ3本の墓石の中央が岩村通俊のもの

岩村通俊一族の墓所は広い。 父・英俊の墓


参考

開拓長官ー東久世通禧
開拓判官
 東京ー松浦武四郎
 函館ー岩村通俊(明治3年小樽へ転任)
 銭箱ー島義勇
 小樽ー岩村通俊
 根室ー松本十郎
 宗谷ー竹田信順
 樺太ー岡本監輔

最終更新 2019.7


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話