画像をクリックすると拡大します

水野忠徳(みずのただのり)の墓  水野筑後守

 外国奉行。ロシア海軍軍人殺害事件の日本側責任者だったが、いい加減な対応に終始。

 墓所:東京都中野区上高田1丁目27-6 松雲山 宗清寺 (曹洞宗)

 旗本。長崎奉行・外国奉行。

 長崎奉行時代に日英和親条約を締結。また、日露和親条約の追加条約を締結した。
 安政5年、外国奉行として、安政五カ国条約のうち、日英・日仏修好通商条約の調印者の一人となっている。
 安政6年、横浜で、ロシア海軍少尉ロマン・モフェトと水兵イワン・ソコロフが武装した日本人に襲われ死亡する事件が起こると、水野忠徳が幕府の責任者となった。しかし、対応を部下に丸投げする無責任な態度だったため、諸外国から批判を浴び外国奉行を解任された。その後、外国奉行に再任され、文久遣欧使節の候補となるが、この時の態度が外国使節団から嫌われ、使節団から外された。

 宗清寺の両隣とも寺。宗清寺の墓所は寺の後ろと少し離れたところの2か所ある。少し離れたところのほうが古い墓が多いが、水野の墓は寺の後ろにある。本堂のすぐ後ろなので分かりやすい。

 宗清寺の左隣は保善寺。ここには、小栗上野介忠順の墓があったが、現在は雑司ヶ谷霊園に移されている。
 

本堂の裏すぐのところにある
本堂裏から見下ろせる
水野家墓所 水野忠徳の墓
従五位下源朝臣筑後守水野忠徳墓


宗清寺山門 宗清寺本堂

最終更新 2019.7


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話