画像をクリックすると拡大します

亜使徒 聖ニコライの墓

 函館ハリストス正教会・東京神田のニコライ堂などを拠点に活動した正教の大主教。ニコライ・カサートキン(Николай Касаткин)。

 墓所:東京都台東区谷中7丁目 谷中霊園 乙2号新 

 1861年(文久元年)箱館ロシア領事館附属礼拝堂司祭として来日

墓所はフェンスで囲われている
広い


函館 ハリストス正教会



 函館のロシア領事館は、安政元年(1854年)の日露通好条約に基づき、安政5年(1858年)9月に実行寺で始まった。翌年(1859年)、領事館に当てられた実行寺境内に祭祠堂が建てられ、7月にワシリイ・マホフ神父及び誦経者イワン・マホフが着任した。文久元年(1861年)7月、ワシリイ・マホフ神父の後任に、ニコライ・カサートキン司祭が着任した。明治4年(1871年)アナトリイ・チハイ神父来函の後、翌年ニコライは上京した。写真の聖堂は函館大火後の大正5年(1916年)に再建されたもの。



ニコライ堂



 ニコライ・カサートキンにより東京都千代田区神田駿河台に東京復活大聖堂が建立された(1884年起工、1891年竣工)。ニコライ堂と呼ばれている。

最終更新 2019.5


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話