画像をクリックすると拡大します

竹内保徳(たけうちやすのり)の墓

文久遣欧使節正使

墓所:東京都新宿区愛住町21 養国寺


 竹内保徳(下野守)は旗本竹内富蔵の子で幕臣。箱館奉行、勘定奉行、外国奉行を務めた。文久遣欧使節正使として、イギリス・フランス・ロシア・オランダ・プロシア・ポルトガルに渡る。
 文久遣欧使節は、江戸・大坂の開市延期と新潟・兵庫の開港延期を交渉するために派遣された。幕府使節団は竹内保徳を正使、松平康直を副使、京極高朗を目付とする総勢36名(のちに2名加わる)で、英国軍艦オーディン号にてヨーロッパの締約国へと派遣された。使節団に与えられた主な役割は「開港・開市延期の確約」「ロシアと樺太境界の画定」「西洋事情の視察」だった。
 文久2年(1862年)5月、イギリスとの間に「ロンドン覚書」として、開港を五カ年間延期することを果たした。そののち、他の国とも同様な協定を結んだ。ロシアとは樺太国境を画定する交渉も行ったが、妥結に至らなかった。

竹内保徳の墓
墓碑銘:官攻院殿智賢保徳大居士
墓には札がある




 養国寺は地下鉄新宿線曙橋駅に近いのだけれど、道が複雑で分かりにくい。曙橋駅A1出口を出たら靖国通りを通って暗坂(くらやみざか)を上る。上りきったところを左折すると、曹洞宗・全長寺がある。養国寺はその隣。曙橋駅A1出口を出たあと、南下したほうが近いかもしれないが、道が分かりにくい。
 養国寺は何やら怪しげな新興宗教のような雰囲気もあるが、れっきとした曹洞宗のお寺。堂の裏手には、最近できた墓石が並ぶ。ここには、怪しげな釈迦涅槃像がある。この下が古い墓地になっているので、左側の階段を下りる。下り切ったところをすぐに右折すると、右側に「竹内下野守」の墓がある。白い小さい札が立てられている。


養国寺 門
養国寺は曹洞宗の寺です
養国寺  なんとなく新興宗教のような雰囲気

本堂裏の墓地
真新しい墓が並ぶ
新興宗教の雰囲気がある釈迦涅槃像 本堂裏の墓地の左側階段を下ると古い墓地がある


暗坂(くらやみざか) 全長寺



最終更新 2019.5


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話