『蝦夷草紙』 最上徳内/著 須藤十郎/編 東京経済(1994.5.30)  (本の表紙はここをクリック
 原書は幕末に書かれたもの。最上徳内は日本で最初に択捉島を探検した人。本書は最上徳内の著した『蝦夷草紙』を活字に起こしたものである。北海道・樺太・千島の当時の様子を知るため、あるいは、北方領土に日露がどのように進出したのかを知る上で欠かせない文献である。原著は幕末に書かれたものであるため、現代語とは多少異なるが、それほど読みにくいものではない。
 
北方未公開古文書集成 第三巻 『赤蝦夷風説考 工藤平助 三国通覧図説 林子平 赤蝦動静 本田利明』   寺澤一、和田敏明、黒田秀俊/編 叢文社(昭和53年7月15日)
(18世紀末、工藤をトップに北方問題の先覚者が、ロシアの南下を警告し、幕府を動かし国防を強化させた一連の代表的策論)
  
北方未公開古文書集成 第四巻 『休明光記 羽太正養』   寺澤一、和田敏明、黒田秀俊/編 叢文社(昭和53年6月20日)
(ロシアの南下に対応して、1802年、幕府が蝦夷地の直轄を断行したとき蝦夷奉行になったエリート官僚が北辺を描いたドキュメント)
 
『サハリン島占領日記1853-1854 ロシア人の見た日本人とアイヌ』ニコライ・ブッセ/著 秋月俊幸/訳 平凡社東洋文庫715 2003.4.23
 1853年秋、ネブルスコイはアニワ湾に面したクシュンコタンにムラビヨフの砦を作った。本書は、長官ブッセの日記。当時の南樺太の日本人、アイヌの様子が詳しい。
  
『長崎日記・下田日記』川路聖謨/著 藤田貞文・川田貞夫/校注 平凡社東洋文庫124 1968.10.10
 日露和親条約締結交渉の交渉当事者による日記。川路の日記よりも、注が詳しく、当時の交渉の様子が良く分かる。
 
『千島・シベリア探検史』北構保男/編著 名著出版(1982.3.29)
 全体の1/4は北構保男による、ロシアのシベリア・千島への進出史。日本との出合までの期間について説明されている。本の残りの3/4はG・F・ミュラーのロシア人による北東シベリア・日本・アメリカ発見史の翻訳。この本は、1760年ごろ書かれたもので、この分野の研究の基礎文献となっている。
 
『武四郎千島日誌 松浦武四郎−「三航蝦夷日誌」より』 松浦武四郎/〔原著〕 榊原正文/編著 北海道出版企画センター(1996.2)
 幕末の嘉永2年に、松浦武四郎が国後・択捉を旅行したときの日記。現代語に訳されており読みやすい。当時のアイヌの置かれた状況を垣間見ることができる。
 
『知床紀行』 松浦武四郎/〔原著〕 秋葉實/編著 北海道出版企画センター(2006.11)
 幕末、松浦武四郎が3度にわたって知床半島を旅行したときの日記。現代語に訳されており読みやすい。最後の旅行では、当時アイヌの置かれた現状・和人の横暴を鋭く告発している。
 
『色丹島記』 長見義三/著 新宿書房(1998.12)
 昭和17年に千島アイヌの調査の目的で色丹島を訪れた長見義三の色丹島滞在日記。
 
『北の民俗誌 −サハリン・千島の民族−』日本民族文化資料集成23 谷川健一/編 三一書房(1997.11.15)
 明治・大正期に書かれた、サハリン・千島の民族(オロッコ・ギリヤーク・樺太アイヌ・千島アイヌ)に関する論文・調査報告を集成したもの。千島アイヌについては、鳥居龍蔵の『千島アイヌ』が有名であるが、この本には収録されていない。
 巻末に掲げられた菊池俊彦の解説「サハリン・千島の民俗誌概略」は簡潔でわかりやすい。(簡潔すぎるけれど。)
 
中俣満/偏訳 松永靖夫/監修 『北夷談 樺太探検・北方経営の先駆者 松田伝十郎の蝦夷地見聞録』  新潟日報事業社(2009年4月30日)
 1799年、蝦夷地が幕府の直轄地になると、松田伝十郎は蝦夷地取締御用係となり、エトロフ島・カラフトなどの赴任した。これは、1822年に蝦夷地が松前藩に返還されるまで続いた。
 本の内容は、数度に渡る松田伝十郎の蝦夷地赴任記録の現代語訳。文章は読みやすい。 ・・・More・・・
 
私残記  森荘已/著 中公文庫(1977年10月10日)
 本の内容は、1807年、フォボストフのエトロフ島襲撃事件に遭遇、ロシア捕虜になり、警備不備の責任をとがめられた大村治五平の手記、およびその現代文・解説。
 この本は、昭和18年に刊行されたものの復刻版であるが、序文とあとがきは新たに追記された。 ・・・More・・・


読みたいけれど、まだ読んでいない本

『幕末日露関係史研究』郡山良光/著 国書刊行会(1980.8)