画像をクリックすると拡大します

小花作助(おばなさくすけ)の墓

 旗本。小笠原島開拓

 墓所:東京都台東区谷中7丁目2 谷中霊園 乙3号3側8 

 
 幕府は文久元年(1861年)外国奉行・水野忠徳ら約90名を咸臨丸で小笠原諸島に派遣し、外国人移住者たちに小笠原が日本の属島であることを宣言した。一行にはジョン万次郎が通訳として加わっていた。小花作助は現地監督官として一年半にわたり現地にとどまり、小笠原支配にあたった。
 明治維新後は新政府に仕え、明治8年には小笠原島を再調査し、明治9年には内務省小笠原島出張所の初代所長として、3か月間現地にて小笠原統治の任に当たった。

墓地 東京都教育委員会の看板

最終更新 2019.7


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話