画像をクリックすると拡大します

岩瀬忠震(いわせただなり)の墓 (岩瀬肥後守忠震)

 外国奉行。安政五カ国条約調印。

 墓所:東京都豊島区南池袋4丁目25-1 雑司ヶ谷霊園 1種1号8側

 1855年、目付として日露和親条約交渉に加わる。
 1856年、ハリスが下田に来航すると、岩瀬忠震は下田奉行・井上清直とともにハリスと会見した。1857年、ハリスが将軍家定に謁見し通商交渉を求めると、老中首座の堀田正睦は岩瀬忠震・井上清直にハリスと修好通商条約の交渉を開始させた。交渉内容に合意が得られると、堀田正睦と岩瀬忠震は上京し勅許を求めるも失敗した。1858年、井上清直・岩瀬忠震は大老・井伊直弼から、やむを得ぬ場合の調印許可を得て、勅許のないまま条約に調印した。

 1858年、外国奉行に就任し、日蘭、日露、日英、日仏修好通商条約に調印した。なお、安政五カ国条約すべてに調印しているのは岩瀬忠震だけである。

 東京都墨田区東向島3丁目5-2白髭神社には、岩瀬忠震顕彰碑が建てられている。

 雑司ヶ谷霊園の墓所は、1種1号8側の表示の脇に「岩瀬肥後守墓道」の標柱があるのでわかりやすい。

岩瀬肥後守墓道の標柱 石塔が3つ
忠震の墓、忠正の墓、岩瀬氏代々の墓
有名人の墓には案内板がある


岩瀬忠震の墓
従五位下肥後守爽恢岩瀬府君之墓
岩瀬氏代々の墓
岩瀬氏奕世之墓
忠震の養父忠正の墓
淡順院殿正日寧大居士


最終更新 2019.6


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭   詳しい北方領土問題の話   竹島(独島)問題   尖閣(釣魚)問題

やさしい北方領土の話   やさしい尖閣諸島問題の話